長迫さん

2019年入社

数理・情報システム学科卒

SIソリューション部
産業・流通ソリューション 第1グループ長迫さん

普段どのような仕事をしていますか?

私はC言語を用いた組込みシステム開発の業務に携わっています。
実装だけでなく、詳細設計書やプログラムチェックリストの作成など業務で使用するドキュメントを作成しながらプロジェクトの進め方や業務内容を覚えています。
組込みシステムではC言語でハードウェアのレジスタ設定などを行うのですが、実際に行う業務は難しく、一つずつ仕事を覚えてできることを増やしています。

会社の雰囲気について

入社時は溶け込めるのか不安ではありましたが、落ち着いた環境と頼りになる先輩方や仲の良い同期の支えもあり、自分のペースで成長できていると感じています。
当社では業務外で勉強会を行っており希望すれば参加することができます。私は新しい技術を学ぶことがモチベーションの向上になると思い、自己啓発として参加しています。
先輩方とAIや組込みシステムについての勉強を行う機会があるため良い環境だと思いました。

やりがいについて

私が組込みシステムの業務に携わっているのはモノを作ることが好きだからです。
実際に自分の思うように動かせたときやシステムのロジックを理解できた時は嬉しいです。
まだできることは少ないですが、いずれ業務をやり遂げられたとき、携わったシステムが実際に現場や社会に出て使用され、社会の役に立っていることを実感でき、さらにやりがいを感じられるのではないかと考えています。

入社後に自身が変わったと感じたところ

私が入社してから一番困ったことはビジネスマナーでした。良好な人間関係を築くためにも自分から業務について聞きに行く時、上司にメールを送るときの文章を作成するときなど、姿勢や話し方、事前に準備するなど気を使うようになりました。
現状上手くできないことは多々ありますが、先輩社員や上司の方々に相談に乗ってもらいながら自分の課題を改善することで成長できていると思います。

学生時代について

私は元々ITの分野に興味があったため情報系の学科に入学しました。
大学ではJAVAやC言語などのプログラミング言語と情報の基礎知識を全般的に学びました。
また、モノづくりを行うサークルでの活動やIT関連のイベントの参加を通して、モノづくりの楽しさを知りました。
和菓子屋で売り子のアルバイトをしていましたが、そこでの接客はお客様とのコミュニケーションの取り方に近いものがあり、そこで学んだ接客術が良好な人間関係を築くことなどに役立っていると思います。

なぜCICを選んだか

私は大学でプログラミングなどのITに関係した内容を学んでいた為、多少なりともITの業界で通用すると思い、IT業界に入社しようと決めていました。
当社を選んだ理由は大学の頃から縁があり、授業での共同開発やインターンシップの参加の手配、学生時代に相談してもらうなど大変良くしていただいた経験から「ここならやっていける」と感じました。
また、島根から上京するにあたり、学生の頃から知っている人が近くにいるというのはとても心強いと思い、当社に入社することを決めました。

今後の目標

私が現在行っている業務に関連した技術や知識についてはまだ知らないことが多く、上司についていく事がやっとの状態です。
今は少しでも多くの見識を広めるためにも、まずは業務に関することや自分が興味や関心のあるトレンドについて調べていきたいと思っています。
そのためにも業務を日々取り組むことはもちろん、トレンドについてインターネットで調べたり、セミナーやイベントなどの機会があれば参加したり、積極的に行動するように意識しています。
現在は先輩・上司の方々に支えられていますが、いつか私が社会に貢献できるエンジニアとなり、いち早く会社を支えられる一員となるように日々精進します。