土川さん

2014年入社

政治経済学科卒

金融・公共ソリューション 第1グループ土川さん

普段どのような仕事をしていますか?

ERPパッケージソフトに携わり、新規導入または改修プロジェクトに参画しています。普段は社外の作業場所に行き、設計からテスト工程まで行っています。最近ではOJT教育や、参画プロジェクト内の自社メンバーを取り纏めるリーダーとしての役割も担っています。

印象に残っている仕事は?

初めて開発を担当したプロジェクトですね。私は現場に出て半年くらいは自社の先輩がいない環境でした。代わりに同じプロジェクトに参画する他社の方々に色々なことを教わり、助けていただきました。他社の方に囲まれていたという点で、CICの名前を背負っているという自覚や、仕事に対する責任感を持てたと思っています。

やりがいについて

開発したプログラムが想定通りに動くと嬉しいです。また、経験を積むほど複雑な機能が作れるようになったり、より良いものになるよう検討ができたりと、できることの幅が広がり自分がステップアップしていることが分かりやすいので、やりがいを感じます。

成長できたこと

コミュニケーションの大切さが理解できたことです。よく言われる「報連相」はもちろんですが、最近では「相手に伝わる」ことに重点を置き、相手目線で分かりやすい言葉選びや、話すスピード等にも気を付けるようになりました。自分が説明を受ける際には言葉や態度で理解度を伝え、相手の伝えたいことを正しくくみ取れるよう努力しています。

学生時代について

経済学科でしたが、経営学寄りの講義を多く受けていました。また、経営学ゼミに所属し、身近なマーケティング例などを取り上げ楽しく学んだのを覚えています。

実は就活を始めるまでIT業界には全く興味を持っておらず、パソコンの扱いもタイピング程度しかできませんでした。

なぜCICを選んだか

決め手になったのは面接時の印象です。最初に面接した際、私の場合は志望動機や自己アピールについて堅苦しい質問はされず、柔らかい雰囲気だったので普段通りの受け答えができました。私自身の人柄を見てもらえたと、就活中に初めて思いました。

文系からIT業界へ進むことに少しだけ不安がありましたが、CICでなら頑張れるのではないか、と思い入社を決意しました。