前澤さん

2016年入社

経営学部経営学科卒

産業流通ソリューション部前澤さん

普段どのような仕事をしていますか?

空調制御システムのカスタマイズ案件に携わっています。
プロジェクトによって製造のみ、試験書の作成のみ、試験のみだったりとマチマチですが、基本的に設計、製造、テストを担当しています。

印象に残っている仕事は?

プロジェクトリーダーとしての参画ではありませんでしたが、初めて私自身も指示を出す立場になったプロジェクトですね。
それまでの自身の作業のことだけを考えて居ればよかった状況から一変して、プロジェクト全体の作業残件や相手の作業状況などを考慮しつつ自分の作業も進めなければなくなり、苦労したことを覚えています。
かなりバタバタしてしまったのですが、プロジェクトが完了したときの安堵と達成感は印象強く残ってます。

やりがいについて

月並みですが、プロジェクトが無事完了した時の達成感はやりがいに繋がっていると思います。
一つのプロジェクトが完了すれば、当然すぐに次の仕事があるわけですが、それでも区切りが明確なのでやる気に繋がります。
後はボーナスですね。インセンティブが自分の想定より付いていれば、評価されたことに対しても、お財布に対しても嬉しいですね。

成長できたこと

IT業界では文系理系についてわりとメジャーな話題だと思いますが、文系であることを言い訳にしなくなったのは、文系出身者ならではの成長かなと思います。
入社当時は、知識・社会経験ほぼゼロ、しかも文系出身という意識の中で戸惑いばかりでした。
今では当然プログラミングもしていますし一丁前に指示なども出しています。文系だ理系だといった壁を感じることはありません。
それはスタートラインの違いでしかなく、年数を重ねれば重ねるほど大した意味を成さないことに気づきました。このページのタイトル通りに何か声を残すとすれば「もし、この業界に進むことの躊躇が私と同じところにあるのであれば、杞憂で終わる問題です。

学生時代について

学生時代は文系でした。
明確な目的をもって大学に通っていた訳ではなく、目指したい職を探すために取り合えず通ったようなものでした。そのため広く浅く色々な分野の講義受けていました。
情報系の講義も受けていましたが、専門職で通用するような知識はほぼ無かったと言っていいと思います。
日常的にPCを使っていた(ただのネットサーフィン)こと、情報系の講義で興味を持っていたことなどから、「物は試し」と、この業界を選択しました。