佐口さん

2016年入社(キャリア採用)

海洋環境学科卒

プラットフォームソリューション部
第2グループ

佐口さん

普段どのような仕事をしていますか?

アプリケーションや設計書などのプロジェクト資産の管理やアプリケーションの配置(リリース)に関わる設計、実務を行う構成管理という業務のプロジェクトリーダーを担当しています。
公共系システムの開発プロジェクトに従事しており、プロジェクト円滑に進めるためにお客様との調整、課題などの管理を主に担当しています。
最近は管理業務の割合が増えて実務を行う機会が減ってきているので、少々寂しく感じていたりもします。

印象に残っている仕事は?

失敗したり、悔いが残る結果となった仕事ですかね。次はどうやっていこうかと一人悶々としています。
作成したツールや手順が思い通りにいかなかったり、進めたかった方向に調整が出来なかったり、作業の優先度付けを誤って指示を出してしまったりなどなど挙げればもうキリがないです。

やりがいについて

「印象に残っている仕事は?」の続きになってしまいますが、過去の失敗経験や後悔の反省点を生かし、成功することができたときにやりがいを感じます。
そのときには上長や先輩の方々がわかってくれていて、改善したことを評価されるとうれしいですね。「もっと頑張ろう!」という気になります。
特に当社に転職してからそういった場面が増えていて、社員同士の近さによるものなのかなと思っています。

成長できたこと

転職してから特に実感していることは普段見えていなかった仕事によって、自分の仕事が支えられていることに経験をもって気づけたことです。
当たり前といっては当たり前なのですが、お客様との調整や社内業務など現場にいるだけでは知らない仕事がたくさんありました。
何もわかっていない私でしたが、一から教えて頂き実際にやらせて頂けることで経験を積むことができました。
視野が広がったことはもちろん、そういった部分を対応頂いている方々に感謝の気持ちも持てるようになったと思います

学生時代について

大学では海洋環境学科という少し特殊な学科でした。
釣りという趣味が高じて、海や川、魚のことをもっと知りたいという気持ちで専攻しました。
休みの日も研究室のメンバーと海や川ばかり行ってましたね。研究ついでに釣りなのか、釣りついでに研究なのか(笑)。
情報系分野との関わりは多少の講義と大学の先輩がPCやプログラミングが趣味だった影響で少しjavaをかじった程度だったので、就職してから、業務を通して技術を習得していきました。

なぜCICを選んだか

私の場合、決め手は転職の窓口をして頂いた方の存在でした。
話しやすかったのでかなり相談や質問をしてしまいましたが、親身に対応して頂きました。
おかげで転職後のミッションや待遇も具体的にイメージすることができ、途中からは「この会社で頑張ってみたい」と考えていました。
その方を通じて当社に魅力を感じていたのだと思います。