社長のご挨拶

代表取締役社長 長谷川 武之 代表取締役社長 長谷川 武之

  • Challenge(挑戦)
  • Intelligence(知恵)
  • Communication(コミュニケーション)

私どもセントラル情報センターは、1972年の創業以来、 経営理念として「顧客の信頼」「社員の人間性尊重」「社会への貢献」を掲げ、皆様にご指導頂きながら様々なお客様にITソリューションサービスを提供してまいりました。

おかげ様で多くのお客様及びパートナー様に信頼を頂き、事業を継続できております事を心より感謝申し上げます。

近年における社会の情報化は目覚ましく、パソコンからタブレットやスマートフォンへの遷移にとどまらず、身の回りのあらゆるモノがインターネットに接続されるIoTの時代に入りました。

2020年にはインターネットに接続されるデバイス数は500億を超えると予想されています。
以前「ユビキタスコンピューティング」という言葉がありましたが、今まさにその時代が到来したと言えます。

様々なデバイスからセンスされた膨大な情報は様々な価値を生み、新たなビジネスモデルが創出されるものと思います。
クラウドによりソフトは作る時代から使う時代に変わりました。これからはIoTにより、価値を創出する時代になったと言えます。

私どもセントラル情報センターは、これまで培った技術だけでなく、これらの変化に応じたサービスを提供できるよう、さまざまなチャレンジを行い、社員一丸となり研鑽を積み、お客様に満足して頂けるサービスを提供し続けて参る所存でございます。

これからも引き続きご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

平成28年11月
株式会社セントラル情報センター

代表取締役社長長谷川 武之

PAGE TOP