先輩の声

2006年入社

工学部通信工学科卒

ビジネスソリューション部第2グループ

田畑さん

普段どのような仕事をしていますか?

入社してからずっと開発部門にて、システム開発を行っています。
基本的にJavaを使ったシステムの構築を行っていますが、プロジェクトによってはC++やVBなども使用して、開発を行っています。
産休・育休後も時短勤務ではありますが変わらず開発に携わっております。

印象に残っている仕事は?

長期間携わったプロジェクトは印象に残っています。
特に長く携わることで普段どう使っているのかが見えてきたり、短期間のプロジェクトではあまり携わることのないお客様とのやり取りや打ち合わせなどにも参加でき、色々勉強にもなりました。

やりがいについて

設計書からシステムを作成し、動作した時は達成感があります。
自分で作成した機能が使われていることを目の当たりにした時には、実際に使ってくれてる人がいること、作ったものが社会の一部となっていることが実感でき、さらに良いものを提供できるように頑張ろうと思えます。
また、そのことをプロジェクトのメンバーと分かち合うことでますますより良いものに向かって行くことができます。

成長できたこと

入社当時は、先輩方が作成した設計書を元に簡単なプログラムを作成したり、プロジェクトで使用する簡単なツールを新規で作成するということが多く、既に作成されたプログラムを解析して修正箇所を探すことが最初はうまくできませんでした。しかし、先輩方のやり方やプロジェクトでの開発経験を重ね設計書の書き方やプログラムの解析の方法を学んでいきました。今では、自らお客様と打ち合わせをし設計書やプログラムを作成したりと、プロジェクトを円滑に進められるようになりました。

学生時代について

通信系の学部だったので、情報分野よりは無線・有線通信などの通信分野の方を主に勉強していました。
プログラミング系の授業はほぼなかったので、入社して開発業務についた際には少し苦労しました。
その他に別の大学にいた友人の卒論のお手伝いをしたり、自分の学んでいた分野とは違う方面の色々な方と交流を持てたのはとても楽しかった思い出です。

PAGE TOP